okamotomanaco
profile blog works gallery contact
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
normal  |  list  |  cloud    
SEARCH
CATEGORIES
カレンダー (365) , オーストラリア (109) , ゆらゆら (63) , (60) , 尾道 (24) , 水槽 (11) , 東京 (5) , カレンダー本 (5) , (3) , だいじなこと (3) , カブトムシ (2) , カテゴリー (1) ,
ARCHIVES
OHERS
ADMIN
いまさらシルバーウィーク
今さら、シルバーウィークの話です。
SWといったら、巷ではスターウォーズらしいですが。

我が家はいつものように、直前まで予定が決まらず、なんとなく和歌山だけ決定してたので、やっぱり、和歌山に行きました。

犬を連れて泊まれるところを探したら、予算と予約の関係で、九度山のしょぼめキャンプ場になりました。渓谷沿いの山小屋が3棟だけの小さなキャンプ場。犬を連れたセレブみたいなお客さんが来ない、シャワーとか完備してない、いい感じのところで、きれいな川に好きなだけジャブジャブできて、犬と子ども大喜び。
私は、がんばらないアウトドアが好きなので、レトルトカレーを子どもに温めてもらったり、ソーセージをゆでたり、マシュマロ焼くだけで満足。間違っても家でも作らないような料理は必要ありません。

肝心の梅干しとパンダ。

娘の食べたかった「福包み」は季節的に売ってなくて残念だったけど、昆布で巻かれた高級梅干しをちょっと買って、大事にちびちび食べました。
いつか、大人になったら、高級梅干し好きなだけ食べれるといいね。

和歌山って広くて、中心はほとんど山なんです。

アドベンチャーワールド、行きは高速が渋滞してたから、帰りは山の道を高野山とか突っ切る感じで戻りました。でも、誰も走ってない標高1000メートルの山道って、うんざりするくらい静かで、くねくねも永遠に続いて、泣きそうになります。運転手は私1人、乗客は、子ども2人と黒い犬。集中力が切れてハンドル適当にまわしたら、私の大切なものたちの将来も命もなくなるんだなーとか、縁起でもないことも頭を横切ります。霧とか、鹿とか、タヌキとか出てきて、違う世界に引っ張れるのを、どうにかもちこたえ(3時間弱)、キャンプ場の手前山まで車を走らせたら、「通行止め」の看板。あと5分だと思ったのに!!回り道30キロ!
緊張の糸がぶつっと切れて、吐き気をもよおしました。さらには、吐き気だけじゃ済まなくて、35年ぶりくらいに、真っ暗な山の中で野グ◯までしちゃいました。出すもの出したら落ち着きカンバック。無事キャンプ場まで帰れましたとさ。

さてさて、うん◯の告白でシルバーウィークの話で、おわり。
車の座席で犬と子どもがくっつて寝息をたてて、私だけ目をギラギラさせてハンドル握って、自分が子どもの頃のお父さんってこんなだったのかな?

年末年始はキャンピングカーを借りよう!と思ってます。
  • (2015-10-20 21:55:08)