okamotomanaco
profile blog works gallery contact
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
normal  |  list  |  cloud    
SEARCH
CATEGORIES
カレンダー (365) , オーストラリア (109) , ゆらゆら (63) , (60) , 尾道 (24) , 水槽 (11) , 東京 (5) , カレンダー本 (5) , (3) , だいじなこと (3) , カブトムシ (2) , カテゴリー (1) ,
ARCHIVES
OHERS
ADMIN
扇風機
家に2台目の扇風機が来た。
義理兄が買って来てくれた。すごくすごく嬉しい。
正直、昨日と一昨日の晩は、あまりの寝苦しさに、悲惨な夢を見た。
怖いとか悲しいとかじゃなく、設定だけで悲惨だった。
子供に起こされてホッとした。嫌な夢見ちゃった~と子供に甘えてみたものの、悲惨すぎて説明できなかった。

そんなこんなで眠いのだけれど、今日は涼しい地下鉄で、夏にぴったりの名作を読んだ。

椰月美智子「しずかな日々」

5年生の男の子のひと夏の物語だ。
西の魔女、とか、夏の庭、とか、小学生日記とか、が好きな人はきいと好き。

御成門からの帰り、彼氏とケンカしてぐすんぐすんいってるギャルの隣の席で、児童文学でボロボロ泣いてる私。怒ったら殴りそうな彼氏が彼女の頭を撫で回し、私はその横でハンカチで鼻をかんでいた。

明日から、ひさびさの毎日撮影1週間。
明日は日登美さんち。楽しみだな。

  • (2010-06-29 23:51:33)
梅ジャム
昨日の夜中に梅ジャムを作った。
馬事公苑で拾った梅でぐつぐつ。
ただで食べれるものがあるっていいな。
歳をとったら雑草おばさんになりたい。ニワトリ飼って雑草食べて、ぶらぶらしてる人になりたい。そんなことを考えながら鍋中をぐるぐる。
暑い暑い日にかき氷にかけて食べたい。

寝不足のまま、今日は朝から撮影。
その後、立ち読み。
先週から悩んでいた本選び。

本を読む習慣のない高校生に、何から勧めていけば、読書の喜びを感じてもらえるかな。

本屋の中を歩き回り、正解とは思えない本に決める。
最初から正解の答えを当てなくてもいいと、このごろ思えるようになった。

高尾へ向かう車の中で、ラジオの原ぼう特集。
「ジンジン」を大声で歌う。

柿の種をバリバリ食べながら、家庭教師先を目指す。
西の方の山の上が、赤く赤く夕焼けていた。

  • (2010-06-24 00:25:47)
夏至
今日は息子がまた、振り替え休日だったので、2人で遊んだ。
馬事公苑で梅拾い、2時間。フラカッソで、パスタ1時間。砧公園の奥の親水園でザリガニ釣り3時間。サミットでゲームと買いもの1時間。
いつも聞かない話をするわけではないが、顔が幼くなっていくのがわかる。
いつもかけてる気持ちの負担を少し思い出す。
自転車に乗りながら、鼻歌をうたっていて可愛かった。
夾竹桃と紫陽花。今の時期の花。
前髪のしたを汗が流れていた。
夏至らしい1日だった。

ごはんのまえにお風呂。
お風呂のまえに梅洗い。

4歳の女の子達の手に乗っかると、梅がすごく大きく見えた。






いちおう報告。
おしりのいぼ、とれました。
あわてて「傷パワーパッド」貼りました。







  • (2010-06-22 01:15:01)
串焼き 田中
写真展に来てくださったた方、
「行きたい」と言ってくださった方
お花贈ってくださった方
ありがとうございました!!

昨日の最終日は、いろいろな予想外の人に会えて楽しかった。

片付け、手伝ってくれた阿部さん、ゆうこさん、浅井さん、お兄ちゃん、さゆみさん、ありがとう。
お声をかけてくださったギャラリーの里井さん、ありがとうございました。
隣の外人、スティーブンさん、ありがとうございました。

帰りにちびちび達とお姉ちゃんと、世田谷の「串焼き田中」に初めてトライ。
外の席は夜風も気持ちよくて最高だった。
満足して、疲れて、気持ちよかった。

浮かれてひょいっと、串焼きやのとなりの銭湯に寄り道。

ああ!!脱衣場で、大変なことに気付く。

ゴム付きのいぼ!!!!!



  • (2010-06-20 18:39:21)
いぼ
写真展ひきつづき。
朝打ち合わせの後、思い立って、品川の原美術館にエグルストンの写真を見に行った。
この美術館へは、何回も行ってるけど、今までと違う道を通ってみる。
なにげなく、交番で道を確かめると、思ってたのと全然違う方向でびっくり。
私の記憶も私の方向感覚もまるであてにならない。

二階の奥の部屋の作品が好きだった。
歩きながら写真を見て、パッと振り返ると、さっき見た写真が違う写真になってるんじゃないかと何回も思った。なんでだろう。

私の写真展を見てくれた人が感じたこと全部本当で、言ってくれたことはぜんぶ受け取ろうと思った。
だから、昨日書いたことは、考え直す。せっかくだからちゃんと受け入れる。

ここ2年越しで、おしりにできていたいぼを、子供が告げ口して、姉にみつかり「早く病院に行きなさい」と言われる。
病院に行きたくなさ過ぎて、自分でできることを試してみる。
輪ゴムでイボをぐるぐる巻いてみたら、2日間でイボ部分の皮膚が黒く壊死してビビる。初壊死。
今、交通事故に遭ったら?とか、この壊死が原因で全身に毒が廻ったら、とか。
ただ生きてるだけでドキドキするなあ。
明日突然、恋に落ちたら、どうしよう~?お尻のイボにゴムがついてる38歳、原美術館で妄想デートを楽しんだ。

くちなしの花と同じようにどくだみの花も好きだ。
今日は完璧な形の三日月。



  • (2010-06-17 01:09:00)
距離感
ひきつづき写真展です。
目黒のスタジオで撮影の後、表参道のギャラリーへ。

見に来てくれた若い写真家と話したり、スティーブンとおせんべい食べたり。

ギャラリーが閉まる間近に入ってきた、ギャラリーの顔なじみ的おじさん、目を合わさないような角度で、少し早口。私の展示を見ながら「独特の距離感」て言葉を連発。「重いのに楽天的」とか「おちゃらけているようでそうでもない」とか。。。

たのんでもないのに占いをしてもらってるような変な感じです。

ずっとずっと前に、距離を縮めたい!と体のどこかで感じていた相手に
「距離間」と言う「言葉」を使っただけで泣けてきたことを思い出しました。
その言葉は私の中の幾多あるコンプレックスのスイッチのひとつのようです。
本当は、独特かどうかより、快適かどうか、の方が重要なのになあ。

せっかく誉めてくれていたのに、少し寂しくなりました。

エンジェルズトランペットが咲いています。うちのベランダのきゅうりの黄色い花も!!



  • (2010-06-15 23:28:19)
明るさ
「明るさ」
表参道の「まい泉」をナディッフがあった方にはいっていって、しばらくあるいて、
右側の電信柱に「緑を大切に」ってかいてあるところを右にまがって10メートルのところにある
MUSEE F というギャラリーで小さな展覧会やってます。
土曜日まで。
今回初めてトライしたことは、
1列に並べない。

デジカメも携帯も差別しない。
です。
私は明日は撮影でいられませんが、隣の展示のスティーブンさんは居ると思います。
今日はスティーブンさんと、増田屋でそばランチ。ちょっと肌寒かったので「にしんそば」。
外人さんて、全員そうではないと思うのですが、いちいち誉めたり感動したりで、学ぶべきところがあります。一日に何度も「アメイジング!」です。
実はちょっと、、、写真展、心配だったのですが
今日は朝から大好きな友達や、小泉先生や、お久しぶりに会える素敵な編集さん、などが来てくださったので、いいことにします。

先週髪を切ってくれた下北沢のサークからもこもこのアジサイが届いてました。
梅雨入り。

搬入手伝ってくれた、あっち(大3年の甥)まいまい(大1年の姪)とみ(兄)、いろいろ作業してくれた武藤さん杉田さん、ありがとう。


  • (2010-06-15 03:57:36)
告白
3日つづけて「告白」
まずは、いろいろなことから、100パーセント逃避で、松たか子で映画化の告白の原作の「告白」読破。さすが本屋大賞。
その後、めぐちゃんに借りた、町田康の「告白」。
妙なリズムに乗せられて、急に笑けるところがあったり、ぞわっとしたりしながら、町田康に無理やりぐいっと読まされた。
不思議な本だった。

あの人はこの本もう読んだかしら?読んだらどんな風に感じるかしら?
何人かを思い浮かべ、そんなことをぐるぐると考えた。

誰かの価値観の気配が自分の中に残っているのはけっこう好きだ。



















  • (2010-06-10 00:04:38)
3年間
ここに越してきて3年。
うちに遊びに来てくれた人たち、ありがとう。

おおげさでもなんでもなくて、誰も遊びに来てくれなかったら、無理だったなあ。
昨日なんて、タンナイさんが帰ったあとの方が台所が何倍もきれいになっていた。
息子へのプレゼントもいつもありがとう。

さてさて、来週からお姉ちゃんが来たらどんな風になるのかな。

どうしたらいいいか本当にわからないときは、
出鱈目でも、なんか言ってもらえるとうれしい。

「アイラービュ~なーんだかとても~」
4歳の娘が、ときめきトゥナイトの歌を歌っている。

息子はもらったマンガについていた付録をつくっている。
初、鳥山明。初、ワンピース。初、バタアシ金魚。
  • (2010-06-06 09:52:52)
たにうつぎ きり
息子たちの運動会の振り替えを利用して、栄村の田植えに行ってきました。
山には、(田んぼといっても棚田なので、けっこう山っぽいのです)谷空木のピンクの花と桐の紫の花が咲いていました。
谷空木(たにうつぎ)は別名、「たうえばな」というそうです。なるほどなるほど。田植えです。
子供たちは、カエル捕りです。ペットボトルにカエルがいっぱい入っています。水を入れてシェイクしたりして、中は地獄のごとしです。

水の澄んだ棚田に空が映っていました。

夜は、新潟県に移動して、ゆりさんが予約しておいてくれたタレルの「光の館」に泊まりました。
日没と日の出の時間帯に、四角い天窓から空を見ました。
ゆったりしっかり鑑賞、とはいきませんでしたが、面白かった。
ブラックライトがお湯の中から照らすお風呂に娘は興奮して、夜も朝も泳ぎまくっていました。

翌日は棚田の撮影スポットに連れて行ってもらったり、松芋神社にお参りしたりしてから、東京へ。







  • (2010-06-02 14:47:39)
<< <前 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 次> >>