okamotomanaco
profile blog works gallery contact
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
normal  |  list  |  cloud    
SEARCH
CATEGORIES
カレンダー (365) , オーストラリア (109) , ゆらゆら (63) , (60) , 尾道 (24) , 水槽 (11) , 東京 (5) , カレンダー本 (5) , (3) , だいじなこと (3) , カブトムシ (2) , カテゴリー (1) ,
ARCHIVES
OHERS
ADMIN
8800
オーストラリアのお姉ちゃんから、8800円でチケットが出てるよ、とメールあり。
往復で空港税などを入れて4万くらい。
悩むひまなく今日夜までの発売の期間限定バーゲン。
どうしよう~
春休みのことを冬休み前に考えられるタイプではないんです。
夜御飯のことを昼ご飯前に考えることはできるんだけどなあ。

ひさびさに土日働いて、今週も(先週は同窓会)子供達は清水さんと過ごした。

気のせいか、私が居ない方が平和そう。

やっぱり私はお母さんじゃなくてお父さんなんじゃないか?

  • (2009-12-14 08:59:04)
パジャマ
最近発見したのですが、疲れた日はパジャマの匂いを嗅ぎたくなるようです。
私のパジャマはくたくたの花柄のカーゼです。

これって、ぎりぎりOKでしょうか?


  • (2009-12-10 01:44:08)
宮城県第一女子高等学校
高校の同窓会があって仙台に行ってきました。
写真部で一緒だった友人が、ものすごく煩雑な作業をひとりでこなして、案内を送ったり、スケジュールを調整したり、お金を集めたり。
昔から本当にちゃんとしてたけど、大人になると、それぞれの特徴ってものが、さらに突出するものなのね。い○○ちゃん、本当にありがとう!!
綺麗どころは、より綺麗に。ぶさいくだった人もかなりきれいに。変わらない輩は相変わらず。
つまり、女の人って、まだまだ醜くならないんだなあ。
という感想。
ちなみに、残念なことに、ぼさっと私は変わらない派です。

夜は大学の友達のゆりちゃんのところに泊めてもらいました。
天井の高い素敵なうちでした。そして、家の中も外も、すごーく静か。
こんな静かな暮らしが自分にも訪れることがあるかなあ。よく寝れたなあ。

今年最後のお墓参りをして新幹線で東京へ。

東京駅も新宿駅も人がいっぱい。
いよいよ12月ってかんじです。




  • (2009-12-06 22:23:26)
おすすめ
写真展 2つおすすめです。

明日から清澄白河の赤々舎で始まる、藤岡亜弥の「私は眠らない」~16まで



現在、大阪のAD&Agalleryで開催中の、西光祐輔の「NEW GAMES」~16まで

です。

亜弥の方は明日オープニングパーティ18時から http://www.akaaka.com

西光君の方も明日面白そうなイベントありです。 http://www.adanda.jp

明日はどっちも行けません。代わりに誰か見てきてください。

ひさびさに電車で本読んで大泣き。重松清「みんなのなやみ」
その勢いで4歳の娘を抱きしめて「一生好き」って言ったら今度は娘が泣き出しました。
「かあかも、うれしくて泣くことあるでしょう」だそうです。
この人の泣き虫は、間違いなく私に似です。









  • (2009-12-04 23:46:23)
スイートポテト
ごはんが作りたくなくて、フラカッソでピザ食べたくせに、
家に帰ってスイートポテト作った。
お風呂から出て、焼きあがったバターたっぷりの甘いお菓子。
体にいいことは、ひとつもなさそうだが、子供達はうれしそうだ。
手をかけて欲しいという願望は、手をかけることでしか収まらない。
収まらなかった欲望が人を作っていくのなら、それもまたよし。それもまたよし。

またよし、て名前どうかな。

子供ができる予定はないが、子供の名前を考えるの大好き。

  • (2009-12-04 10:32:45)
アサーション アホメーション
満月。
今日は、頭を使った。
だから甘いものが食べたい。
アサーション(朝するおしっこではない)とアホメーション(あほかおめえ、ではない)
とデジタルカメラとロウデータだ。
要するに、ちんぷんかんぷんだ。

でも変化も新しいことも楽しい。
進化は本能だ。

すべてがご縁で、一期一会。
8年前に仕事をくれた方が、そんな月日を感じさせない声で仕事をくれた。
そういうのって、うれしいな。

記憶の中のその方より、実物の方が素敵に年齢を重ねていた。


  • (2009-12-03 01:53:10)
いちご舌
金曜から子供が熱を出し、早すぎる冬休み状態。
溶連菌というやつらしく、ベロが赤く腫れあがり、手足にポツポツができた。
具合が悪ければ、おとなしくて可愛いのだが、熱がさがって今は、ずる休みのくせにで兄弟げんかばかりしてるみたい。
金曜の昼間に友達の友達(カメラマン)からテレビをもらってきたので
ちょうどいいタイミングで熱が出た。と言えなくもない。

こたつ、みかん、テレビ。

さっきクリスマスツリーも出した。

いちおう、イルカ先生のところに行ったら、手足口病ですね。と言われた。
お医者さんに違う診立てをされた時、やっぱり反論てできないもんだなあ。

千歳通りの並木の葉っぱがほとんど落ちていた。

ああ~明日から12がつ!!
  • (2009-11-30 13:53:10)
カレンダー
今日は料理家の星谷さんと撮影。
1月から星谷さんのホームページで見れる予定。

私はいまさら遅すぎのデジタル化。

がんばります。

勉強に遅すぎることはないのです。



フォークを刺すととろ~っとチョコクリームが出てくるスフレみたいな焼き立てケーキがすごかった。


新聞のインタビューで谷川俊太郎が、現代詩は今の世の中にあってなのかもしれない。詩情は薄く広く浅くアニメやブログに漂うだけで、満足され消費されている。と話していた。
むかしむかし詩人になりたかった人の末裔は、今、写真家になりたい人なんじゃないかな。と思った。



  • (2009-11-27 10:16:44)
上弦
下弦の月だと、思い込んでいたのは、上弦の月だった。
人に会いに高尾に行き、帰りのバス停から月が見えた。
駅前の「風」という名前のお店でよるごはん。
カレイの唐揚げ、シュウマイ、れんこんのはさみ揚げ、白菜とベーコンの煮付け、ゆず風味の大根浅漬け、人参のぬかづけ、こんにゃくと根菜の煮物、豆腐と大根葉の味噌汁、胚芽飯。
1200円でこんなに出てきた。奥に上田家の酒も見える。呑みたいな、って気分になる。
お店の人は白髪の痩せたおばさんで、30歳くらい若く見えるおばあさんかもしれないな、とも思う。
新宿ルミネで立ち読み。
伊坂幸太郎の、新刊。とりあえず3分の1読んで移動。
岸本清子?の画集を見たり、料理の本をチラ見したり。
私が通ってるツリーハウスの森のことを考えたり、自分の営業先を考えたり。
森山大道の紀行文写真を見て笑ったり、ヒューレン博士の本を開いたり。
最後にまた「SOSの猿」伊坂幸太郎に戻って、半分まで読んで閉店。
家に着いたら、清水さんが作った。「れんこんとかぼちゃとほたるいかの煮物」があったから、またごはん。しじみ汁も。
確実にこのごろ料理の腕をあげてるなあ。と感心。
ひょっとして、最近の「とりあえず誉めとけ」作戦が効いてるのだろうか。

3連休長野では夜中に雪がチラチラ降った。寒くて寝袋から出たくないので見れなかったけど、朝、溶け残りが光っていた。今回は、以前お世話になった、料理家のしおりさん家族も来てくれて、雪対策の作業も急ピッチですすみ楽しかった。
着いて早々、力仕事や屋根上作業、子供たちの相手、ごはん作り、ありがとうございました!
  • (2009-11-25 23:40:57)
つちやかおり
246沿いの初めてはいるラーメン屋で、つちやかおりの「あ・し・た何色」がかかっていた。
すごい名曲。
上海五目麺も、予想しなかった美味しさ。
日本語の下手なお兄さん、育ったまちから遠く離れてがんばってるんだなあ。
みょうにしみじみ感心した。

普段歩かない道を歩いたり、はいらない店に入ったり、頼まないものを頼んだり。

今はそんな感じ。

18 と書いてある小さなお店。三宿の交差点そばです。



  • (2009-11-20 17:12:33)
<< <前 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 次> >>