okamotomanaco
profile blog works gallery contact
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
normal  |  list  |  cloud    
SEARCH
CATEGORIES
カレンダー (365) , オーストラリア (109) , ゆらゆら (63) , (60) , 尾道 (24) , 水槽 (11) , 東京 (5) , カレンダー本 (5) , (3) , だいじなこと (3) , カブトムシ (2) , カテゴリー (1) ,
ARCHIVES
OHERS
ADMIN
おやつおやつおやつ
うれしすぎてフライング。


okasi.JPG
  • (2014-01-31 12:07:21)
週末
楽しい週末だった。
ひさしぶりに会う男の子、女の子。
初めてあるく道。
切ったばかりの髪。



42歳になりました。

年齢はただの数字だ、という人がいますが、私はそうは思いません。

母が知らない土地に引っ越したのと同じ歳です。
  • (2014-01-21 13:01:36)
ヒーロー
カメラを買おうかな、どうしようかなと、決めかねて新宿ヨドバシのフイルム館の前をうろうろしていたら、金村修さんを見かけた。
その姿は10年前と、下手したら20年前と、まったく変わらなくて、あちらは私のこと、もちろん知らないんだけど、急ににカメラを買う気分になって、フジのインスタントカメラを買った。
なんのことはない、今年は自分のマフラーを買おうと思っていたのが、カメラに変わった。
レジの人が、新しくフイルム開けたり、やさしかった。
レジ横のおじさんに、2枚の同じ花の写真の色を、どっちがいいかと、相談された。
  • (2014-01-16 09:12:19)
LEGO息子
http://kirinsan525.wordpress.com/

息子がレゴブログ始めました。
写真だけ撮ってやるつもり。
私にない才能。無駄のないピース選び!

automatic pencil and an eraser.jpg
  • (2014-01-09 09:36:12)
冬の空
晴れた冬の空がマンションの窓から見える。
コタツに座っていて、目線が低いと、空だけが見える。

引っ越そうと思っているけど、いまさらになって、このマンションの良さしみじみ。
日当たりと、目の前の畑と、隣の家の大きな庭に来る鳥の声。

忙しく働きまくってるときは、楽しめなかったスペックばかり。

3DK.

住みたい人いませんか?今なら壁とかじゅうたんのリフォーム好きなようにできますよ。
  • (2014-01-08 09:35:05)
あけましておめでとうございます
あけまして おめでとう ございます。
ことしも よろしく おねがいします。

お正月は、お肉を食べる機会が多かった。

そのことに体がおどろく41歳。

今年もよい一年になりますように。

私にとって。みんなにとって。

  
  • (2014-01-05 10:57:25)
がいじん
オオゼキのレジで、まちがえて財布の中のセントコインを渡して、その対応をあまり急がずしていたら、外国の人と思われた様子。
すっごい、ゆっくりはっきり話してくれる。
ああ、普通に話すと普通の発音なんだね。同じ事を何度も言い続けているせいで、すでに全部が「あざーっす」みたいな感じの人も。
レジとか、あわただしくって、意識して自分のペースでやりとりすることに、しているのだけど、そうすると途中から店員さんが「外国の人」モードとか「脳みそが子どもの人」モードに変えてくることがある。面白いからかまわない。
でも、アジアからの観光客にお国言葉で道を聞かれるとこともあって、それには合わせられなくて残念。
  • (2013-12-27 09:42:56)
年末感
大晦日と、元旦にスキーに行くことにした。
それで、2日は、お母さん。3日は、お姉ちゃんち。
これでは、うちでおせち作る必要性ゼロだなあ。

だから、正月は、雑煮と、かずのこと、酢だこと、かまぼこと、黒豆と、だて巻。
雑煮以外は、買ってくる。

来年は作るよ。

  • (2013-12-19 23:14:20)
三重県
はじめて三重県。わりと急に決まった撮影のおかげで、伊勢神宮に行けた。
日曜に撮影して、月曜に観光。
子ども達が、家に帰ってくる時間に合わせて逆算さしたら、朝7時半にお参りスタート。
神さまへちかづいてる感覚はないけど、伊勢参りが流行った江戸庶民にぐっと近づいた感じ。
お祈り擦る神様のじゅんばんが決まっていたりテーマパークっぽい

  • (2013-12-18 22:43:46)
怪獣のバラード
韓国ドラマを見ていたら、息子の歌の会(学芸会、歌だけバージョン)に行くのが億劫になった。
ぼざーっと、昨日と同じものを着てでかける。
見るだけでいいんだから、めんどうな作業は何もないのに、行きたくないな。と、思うのって、病気なんじゃないかって、思うけど。病気じゃないと思う。
行きがけに、パン屋で美味しいパンを1つ買って食べながら歩く。
パンには、チョコと同じように、幸せになる脳内物質を出す働きがあるそうだ。
ONKAってとこのくるみパン。

小学校の会場は子どもとおばさんで、もあっとしていた。

舞台の上に、息子が見えた。もう、こんな時、ちょろちょろしていない。
授業参観中に紙飛行機を飛ばしていた息子はもういない。
声が出しにくそうな、歌の下手そうな顔で、何曲か歌った。
歌の下手っぴ私に似て申し訳ない。合唱の並び方って、こんなにも露骨だったかしらん。
先生の苦労に思いを馳せつつ、子ども時代のサバイバルも同時に想像する。

4年生が歌った「怪獣のバラード」という曲がよかった。


  • (2013-12-14 09:58:05)
<前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 次> >>